2005年12月22日

中華の達人厨士がいる店!瓢箪町「仙桃」

仙桃0
 今日は金沢市北部に用事ができたので、瓢箪町にある中華料理店「仙桃」に行ってきました。なんでも、ここのマスターは、某有名中華料理店で料理長をつとめあげたほどの腕前とか・・・。まぁそんな枕詞はあまり気にする必要もありませんが、ここかしこで名店と噂されるお店のランチをとくとご覧あれ。(本来なら風が吹きすさぶですが、)雪吹きすさぶ中、ようやくたどりついたお店です。


■お店の立地・外観など
仙桃1
 お店の場所は、東別院前にある西門口交差点を瓢箪町方向へ入っていきます。この通りは「小橋通り」と呼ばれていますが、少し進んだところにある(ここには横安江町商店街の北口があります。)安江町北交差点を明成小学校方向へ。ほんの20mぐらいのところにこのお店の入り口があります。残念ながらほとんど駐車場がありません。多分ですがお店の横に1台分ぐらいのスペースがあります。僕はそこに勝手に停めました。(笑)。(ドリームさんに教えていただいた情報では、お店の方に車で来たと言えば、駐車場を用意していただける場合があるそうです。これは良い情報いただきました。ありがとうございます。多謝。)
 雪が猛烈に吹き付けていたので、お店の半分は雪に覆われてしまって、あまり説明できませんが、なにか割烹料理や小料理屋を思わせるようなお店の雰囲気でした。

■お店の内装・雰囲気
仙桃2仙桃3仙桃4
 お店の中に入ると一転して中華ちゅう感じの雰囲気です(笑)。一見雑多に見えますが、厨房やテーブル等などはきれいに掃除がしてありました。お正月の準備でしょうか、鶏身を吊り下げてありました。なんか雰囲気があっていいですね。気さくな女性店員さんが温かいウーロン茶を持ってきてくれます。とても話しやすい人で、なんでも台湾の方らしいです。マスターは香港から来た方とか。このお二人でお店を経営しているそうです。

■さて、食べませう!
 そこかしこで、噂になっている叉焼坦々麺をいただきたいところでしたが、とりあえず第一回目の訪問ということで日替わりランチを頼むことに。他にも女性が喜びそうな一品一品手作りの点心のランチがあったり、いろいろなメニューがありました。

仙桃5
 日替わりランチは、主菜、ザーサイ、スープ、ごはん、デザートが付いてきます。これはたしかに旨そうです!この日の主菜は「豚肉とキャベツの炒めもの」と教えてくれました。

仙桃6
 メインの「豚肉とキャベツ炒め」。あっさり系の塩味と鶏ガラスープ(多分?)で炒めてありました。豚肉、キャベツ、にんじん、ベビーコーン、山芋(?)などが具材に使われていました。豚肉の旨味がじわりと、野菜の甘みがほんのりと美味しさに彩りを添えます。火の通り具合もほどよく、食感も楽しめます。絶妙!

仙桃7
 少しのとろみのある中華スープ。レタスとネギが入っておりシャキシャキの食感です。こちらはもっとあっさり味。むしろレタスやネギの甘さの方が際立つくらいでした。

仙桃8
 僕が結構感激したのが、このザーサイ。中華醤油と言いましょうか、少し甘めの紹興酒が効いたタレで漬け込んでありました。これでもう一杯ご飯がいけそうでした。まいう〜!

仙桃9
仙桃10
 〆はデザート。こういうのは女性に喜ばれそうですね。もちろん甘党の僕みたいなのにもおすすめです。デザートの内容はどういう風に決まっているかわかりませんが、他の人のを聞くと杏仁豆腐が出てきたようです。この日は、「ミルクがけ抹茶プリン風」ってな感じでした。僕は甘党ですが、デザートの名前にはあんまり詳しくないのです。甘い小豆が入った抹茶プリンで、むしろプリンというより、抹茶旱?にあたるのかもしれません。上にかかっている牛乳はむしろ甘みのないあっさりしたものでした。食後にぴったりの味わいデザート。杏仁豆腐も食べてみたいですが、これは次回のお楽しみにしときます。


■総評
 あまりメディアにも露出していないクチコミ中心のお店ですが、ここはかなり良いお店な印象をうけました。(実は今発行されているCLUB1月号に掲載されてます。)「スープ熱いので気をつけてくださいね。」と注意してくれたマスターにも、気軽に話かけてくれた女性店員さんにも、お客さんをもてなす温かい心を感じました。最近とみに寒いので本当にこういう当たり前のことに深く感じ入ってしまうカワイなのでした。

■料金
日替わりランチ850円。

人気blogランキングに投票お願いします
→クリックで投票!1日1回クリックしていただけると大変嬉しいです!人気ブログランキングバナー
他にもいろんなグルメblogがあるかも

(クリックすると別ウィンドウが開きます。)


■お店データ

「仙桃」

住所   石川県金沢市瓢箪町1-5
電話   076-234-0669
定休日  火曜日
営業時間 AM11:00〜PM3:00 PM5:00〜PM11:00

「仙桃」地図
posted by カワイナルキ at 23:55 | Comment(16) | TrackBack(1) | 中華

この記事へのコメント
ここはCLUBにはよく載っていますね。
坦々麺は甘くてごまの風味豊かです普通のラーメン屋のものとは全然ちがう感じでした。
ここの日替りランチは食べてみたいのです。私は土日祝ぐらいしか行けないので、女性の店員に土曜も日替りランチをやっているか聞いたら土曜は1000円でやっていると言ってました。高いかわりにデザートがグレードUPするそうなので土曜の昼にでも行ってみたいですね。(といっても聞いたのが今年の3月とかなり前なので変わってたりして)
駐車場はかわいさんが停めたとこでよろしいようですよ〜
Posted by ミャータくん at 2005年12月23日 13:47
美味しいですっ
大好きですっ
お昼のランチもイイですが、
夜に大勢で行くのがお勧めです。色々な種類を少しずつ食べれるので。
あ、デザートのお薦めはマンゴープリンです。

お正月用のオードブルもやってます。
(チョットお高めで12,000円なので迷い中デスf^^;)
Posted by 小鳩 at 2005年12月23日 14:55
 こちらのお店にはラーメン完全本が出版されて初めて知ったお店でした。みんなで少しずつ取って食べると良いですね。 
 ところでお店の前が開いていない時には、駐車場を奥さんに聞けば教えてくれますよ!僕は確か・・・お迎えのお寺に停めた記憶があります。もちろん奥さんがそちらで聞いて頂いてからですが。
Posted by ドリーム at 2005年12月23日 18:27
>ミャータくん
 ははぁ、なるほど〜。土曜日は1000円のランチやっているんですねぇ。グレードアップしたデザートがどんなのか知りたいところですが、特にやはり杏仁豆腐をいただきたいものです。そして坦々麺、噂によると中華鍋ひとつで作るんだそうです。その様を見て楽しみたいものです。いずれにしろ再訪していろいろ頼んでみたいものです。

>小鳩さん
 なるほど〜。夜にみんなで行ってみたいですね。人数的には分け前にしっかりありつける4人が黄金編成な気がします。今度グルメンな方々を連れて突撃してみたいと思います。その時は小鳩さんが教えてくれたマンゴープリン是非行ってみたいと思います。
 きっと吊り下げられていた鶏はお正月用の北京ダックに使うのではないかと想像しています!(じゅる;)

>ドリームさん
 お店の人に言えば駐車場を空けてもらえるというのは、これは良い情報ですね!ちょっと加筆修正しておきます。なにやらラーメンもなかなかだとか・・・。ちょっと次回行くのが楽しみなお店です。
Posted by かわい at 2005年12月23日 22:22
ここ、行ってみたいお店でした。でも、なかなか勇気がなくって。
オードブルでは食べたけど、美味しいんだよね。
今度お店に行ってみます.
ありがとう〜
Posted by aozora at 2005年12月23日 23:02
ここにランチがあるのを忘れていました。
海南鶏湯麺(広東風蒸し鶏ラーメン)を狙っています。時間がかかるようで、未だに頂けておりません。
ここのマスターはあまり日本語が話せない感じですね。直接注文しようとしたら慌てて女性店員さんが飛んできました。女性店員さんって勝手にマスターの奥さんだと思っていました(^^)
2回目に行ったら、ちゃんと覚えてました。親近感が湧きますね。

叉焼坦々麺はぜひ。でもこれまで2回頼んで、出来が違いました。麺の量が多く、一人ではきつめです。唐辛子の本数で辛さを指定できますので、かわいさんは何本いけるのでしょうか?楽しみです。
Posted by しゃも☆ねぎ at 2005年12月23日 23:25
しゃぁも☆さん!焼きタンタン麺おいしそう〜近所だからすぐに行ってまいりやす!
Posted by レナレナ at 2005年12月24日 08:23
はじめまして!トラックバック、ありがとうございます!
ランチ、美味しそうですね〜♪ デザートも!

次は雪が解けたら、行けるかなーって感じです・・・。
Posted by いとお菓子 at 2005年12月24日 18:14
お!野菜中心の定食で羨ましいなぁ。
私の時は豚と魚だったので後半ちょっと辛かったのです。
坦々麺好きなので今度はこっちを食べてみたいですが満腹になりそうですね。

しゃも☆ねぎさん
マスターは日本語苦手の件、確かにそうですね。
私が行ったときは奥様?が不在でしばらく
謎の会話が続きました(笑)
常連さんらしい髭をたくわえた男性に解説いただきました。
Posted by BOWWOW at 2005年12月24日 22:04
>aozoraさん
 ぜひ今度はお店に行ってみてください。できれば2人以上で行かれた方がいろいろ食べられて良いと思います。想像以上に他のメニューもボリュームあるみたいなんで、大勢で行ってワイワイやりたいですね。

>しゃも☆ねぎさん
 ランチあるんです!一応ランチメイン(?)のブログなんで、名物があるお店以外はランチをなるべく頼むようにしている(はず)のです。

 叉焼坦々麺の辛さを指定できる件ですが、唐辛子何本で、どれくらい辛いのかまったく想像がつきません。そうはいってもタイ料理とかで、半端でなく辛いものが出てきたときは全部食べ切れなかったりするので、一応一杯目は抑え目に行きたいと、ちょっと弱気なカワイです。

>レナレナさん
 ぜひ行ってきてください。近所なのが羨ましいです。お昼に行けるのは良いと思います。今度また行きたいお店です。

>いとお菓子さん
 コメントありがとうございます。お隣の県からやってこられるのですから、大変ですよね。でも僕も富山には行きたいお店がいっぱいありますけれど。やはりこの雪がある間は結構大変かもしれませんね・・・。

>BOWWOWさん
 ほほぅ、豚と魚の炒めものなんていう攻撃的なメニューも出て来たりするんですね。あ、サイトにある写真の定食ですね。あれはあれで旨そうでしたけれど。

 元祖でぶ屋の面々が訪れたら「まいう〜」って連発しそうなお店です。あ、でもアノ人たちダイレクトに肉焼いたり、味付が濃そうなもんとか、甘い物が好きか・・・。
Posted by かわい at 2005年12月25日 01:12
レナレナさん、焼きタンタン麺ではなくて、叉焼(チャーシュー)担々麺ですよ(^^)
ちなみにメニューには「担々麺」しか出ていません。(今はあるしゃも☆?)
「叉焼担々麺」は「ラーメン完全本」に出ていまして、ちゃんと注文できます。
よくあるラーメンの煮豚タイプではなく、中国料理の叉焼です(モモ肉、食紅、蜂蜜などを使用し焼くタイプ)

BOWさん楽しい空間で良かったではないですかぁ〜(^^)

かわいさん、唐辛子の本数は1〜3本での選択でした。(多分追加できるでしょう)
私も分からなかったので、とりあえず2本を選択しましたが、(2回目は何本か覚えていません)ぜんぜんOKでした。かわいさんは3本大丈夫でしょう。
Posted by しゃも☆ねぎ at 2005年12月26日 18:50
>しゃも☆ねぎさん
 いつもかわりにレスしていただいて申し訳なく思います。そして大変ありがたいことで感謝しています。

 最近幾度となくその仙桃の叉焼坦々麺のことに思いを馳せては、毎日を過ごしています。味がわからなくなると困るんで唐辛子はとりあえず2本ぐらいにしておきます。(それ以上も大丈夫ですが、大丈夫なのと美味しいのは違うんで(笑))。
 そしてお店の人が一つ一つ手作りしている点心も気になっているお料理のひとつです。
Posted by かわい at 2006年01月03日 03:07
初めまして。めちゃくちゃ途中の記事に対してのコメントなんで気付いていただけるか・・・(笑

あさぴーさんの所から来ました。
今後とも宜しくお願いします。

仙桃なんですが、私が行った時は人が多くてしてもらえなかったんですが、奥さん?おばちゃん?が『手相占い』してくれるらしいですよ!!!
そういえば最近行ってないので、写真見てたら行きたくなりました☆
Posted by よっしー at 2006年01月27日 13:33
初めまして。いつもROM&利用させていただいてます。

さて仙桃ですが、昨日今日と立て続けでフラれてしまい、おかしいなと思ってお店の戸口を眺めてみると…

『シェフの香港里帰りのため2/16まで休業』

…とのことでした(T_T
Posted by ティータ at 2006年01月27日 20:33
初めまして。先日飲茶の美味しいお店を探していたところかわいさんのブログを見つけました。
仙桃へどうしても行ってみたくて、きのう行ってきました。感激です(^-^)
2人で飲茶セットと日替わりランチを頼んだのですが、どれもこれも美味しくて、お腹がいっぱいで食べられない状態でも残せない〜!完食しました!
デザートの美味しかった事!杏仁豆腐さっぱりなのに、杏仁の香りがなんともいえません!!
次回は何を頼もうかと楽しみで〜す!夜も良さそうですね?!
Posted by 野ブタの母 at 2006年03月14日 11:03
小松でもう老舗の部類にはいるカラーメンを紹介します。
カラーメンの御主人は若い頃渋谷にある老舗のイタリア料理のお店で修業していて、実際にイタリアのボローニャの店にも1年間だけ修行に行ってたそうです。カラーメンをはじめる前は首都圏のほうでイタリア料理店の雇われシェフだっのですが、母親の介護が必要になったので小松に帰る(もともと根上の出身)ことになった時に、まだ小松ではイタリアンもよく知られてなかったのでラーメン屋を開業したとのことです。そのためか自家製の腰のある麺は一つ一つパスタマシンで作っています。コシのある独特な麺はイタリアンの達人の技から生み出されたというわけです。味噌ラーメンがお勧めです。
Posted by La Bamba at 2006年06月30日 07:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/10956029

桃仙/桃仙
Excerpt: 桃仙について悩みを解決するには、まずは桃仙についての正しい知識が必要です。そこで、桃仙についての情報を集めました! 桃仙について調べて、桃仙に関する悩みを解決しちゃいましょう! 桃仙 関連のアイ..
Weblog: なるほどキーワード
Tracked: 2007-07-07 23:21
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。