2005年08月21日

小杉の「めん八」中華そば

めん八チャーシュー麺めん八1めん八2

 富山県は小杉にある「めん八」。何年か前に教えてもらってから、足しげく通うお店の一つになりました。とにかくラーメンが旨い。石川県にはない、とびきりのおいしさを誇る絶品ラーメン屋さんの一つです。

 ついた時間は1時50分。昼の部が12時から2時までなんで、ギリギリでした。そんな時間にもかかわらずお店の前に行列が・・・。ちょっと待ちました。どうやら何かの雑誌(多分CLUB?)で紹介されてしまったようです。道理で人が多いわけだ。まぁ、地元でもかなり有名ですし、夜の部(午後5時〜)にも何度も行列ついたことありますから別に構わないんですけど。あいかわらずすごいです。

 さて、なんとか席に着き注文。

 私  「チャーシュー麺、麺かため」
 相方1「中華そば、麺かため」
 相方2「中華そば大盛、ご飯大盛」

 相方2のオーダーを聞いた時に店員さん何故か絶句。その後で理由がわかります。

 ちなみにここの中華そば、ちょっと麺が柔らかいです。お好みで「かため」を頼むとよりおいしいかもしれません。僕はいっつもそうしてます。

 オーダーが通ると、女将さんがラーメンを一人でフィニッシュまで作ります。麺を茹でるのも、チャーシューを切るのも、盛りつけするのも女将さんが一人でやっています。大将は昼の部は、ラーメンを運んだりオーダーを確認したりしていました。

 それで出てきました、チャーシュー麺。醤油べーす(多分チャーシューを漬けているタレ)を使ったスープは、見た目は濃いですが、わりとアッサリ味です。そして少し縮れた太麺に良く合う。
 そして、極厚で濃厚な味のチャーシューが仇のように入っているのです。どれだけかと言うと、実際麺と同じくらい入っています。チャーシュー好きにはたまらないかもしれませんが、普通の中華そばにも分厚いチャーシューが2枚乗っかっているので、そっちで一般の方はお腹いっぱいになってしまうと思います。チャーシュー麺一つだけですごい大盛りを食べたような満腹感です。
 チャーシューをあんまり食べないでスープに沈めていると脂が溶け出してまた風味が変わります。胡椒は最初からかかっているので、かけすぎに要注意。

 そして相方2が頼んだ中華そば大盛り。実はチャーシュー麺が大盛になったものです。そして付いてきたライスもでかい。お店の大将も相方2へ「兄ちゃん食べれるんかいね?」と、聞いた始末です。
 予感は正しく、結局相方2はチャーシューを少し残してギブアップ。ボリュームが多すぎなのを知らずに調子に乗った結果です・・・。

 さて、このような「めん八」ですが、夜の部になるとちょっと雰囲気が変わります。2枚目の写真でもわかるように、このお店実は、ただのラーメン屋さんではありません。絶品の焼き鳥やおでんが出たりもする居酒屋にもなっているのです。もちろんラーメンもやってます。だから、女将さん一人でラーメン担当なのです。大将は、夜は焼き方なのです。

 夜の部で出てくる焼き鳥もかなりおいしいです。ここの焼き鳥はタレでやるのが旨いのです。

−−−−−−お店データ

めん八

住所 富山県射水郡小杉町太閤山1-7-10
電話 0766-56-6790

めん八地図データ
posted by カワイナルキ at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。