2005年10月30日

「ラーメン花月」にんにくげんこつラーメンBLACK

 今日は「ラーメン花月」へ。チェーン店なんでさっくり行きます。この系列のラーメンは旨味重視で、化調をしっかり使っているところが逆に潔く感じます。メニューのセレクトによってはたまにハズレもありますが、ジャンクな食べ物として個人的に好きなお店です。

 頼んだのは「にんにくげんこつラーメンBLACK」です。
花月0
 このお店のフロントエンドである「にんにくげんこつラーメン」の大人味として、限定メニュー発売されていましたが、人気が定着したためか、レギュラーメニューとなっています。

花月1
 スープのベースは普通の「にんにくげんこつラーメン」と多分同じです。いつもどおりの、背脂とにんにくのスープにマー油が加わり、黒っぽく濁っています。黒胡椒が最初からしっかりと振られていて、スパイシーな感もあります。強い旨味と、圧倒的な存在感で他のラーメンとは一線を画している気がします。このラーメンがもしチェーンでなく、個店でやっていたら人気を博したことでしょう。もしかして日本のどこかにあるかもしれませんね。

花月2
 乗っている具も「にんにくげんこつラーメン」に比すれば、玉子が煮玉子にランクアップしています。チャーシューは薄くて面積が大きい特製らしいですが、これは割合普通な印象。あと、海苔とメンマとネギが乗っています。

花月3
 麺はちぢれのないストレート麺。固めに茹であげられており、スープとよく絡んで美味しいです。あっという間に完食しました。

花月4
 これ友だちが食べていた「豚そば銀次郎」というラーメン。豚骨と魚介のWスープだそうです。角煮のようなものが乗っています。ちょっともらいましたが、魚介が強く、それが「だしの素」のように甘味のような後味として残ってしまいイマイチな印象。化調が多すぎるのかもしれませんね。あまりおすすめできないかもしれません。

 しかし、本当にここは次々といろんなラーメンを生み出し、お客さんを飽きさせないように、しかも不味くないラーメンをどしどし開発しています。ここのラーメンの研究力には本当に頭がさがりそうです。さらに言うならば、美味しいお水、豊富なトッピング、いろいろな食べ方など、「ラーメン」をアミューズメントのように楽しめるお店でもありますね。

 美味しさについては賛否両論あるでしょうが、こってり系が好きな人は嫌いなお店じゃないと思います。
posted by カワイナルキ at 22:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン

この記事へのコメント
質問!

いつも楽しく拝見させていただいております。

さて、ブログにアップされている写真、
1回あたりかなりの枚数ですが、
店の人から怪しまれたり、「おい、おまい何してんだ!ヤメレ!」等、トラブルないのでしょうか。勝手に心配しております。笑
Posted by OxKxB at 2005年10月31日 16:12
 今んところそのようなトラブルに遭遇したことはありません。携帯で撮っているので、こんな風に料理の写真を撮る人が増えていることから、あんまり不審に思われないのかもしれません。ですが、たしかに撮りすぎな感もありますよ。

 店の人から怪しまれているのはたまにあるかもしれません。(笑)いつか、「あっ、カワイナルキだ。」とか、指さされたらどうしようかと、正直ビビってます。
Posted by かわい at 2005年10月31日 19:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。