2005年11月23日

全国にその名を轟かす!金沢市大野「宝生寿司」

宝生寿司0宝生寿司1宝生寿司2宝生寿司3

 金沢方面に住む人間ならば、一度は訪れた方が良いのではないかという思いから金沢市大野にある「宝生寿司」にお邪魔しました。県内を代表するお寿司屋さんとしてこの「宝生寿司」はあまりにも有名です。その名は県内ばかりではなく、観光で全国から訪れる人が後を絶えないほどの有名寿司店なのです。

■お店の立地・外観など
 場所は、ちょっとわかりにくいです。金石にあるんですけど、ちょっと市街地に入ったところ。わかりやすく言うと、港方面からからくり記念館に行く途中、左に醤油のヤマトがありますからそこの脇にある道を入っていき、みなと橋を渡ったすぐ右手にあります。

 金沢の表玄関として昔より名を馳せた大野にある「宝生寿司」は、店構えも素晴らしいです。古い廻船問屋の商家を移築して、新装開店をしたのだとか。詳しいことはよくわかりませんが、グッドデザイン賞も受賞したんだそうです。駐車場も3箇所もあり、大勢の団体客や個人のお客さんで賑わっています。

■お店の内装・雰囲気
 店内に一歩足を踏み入れると、職人達の威勢の良い挨拶が聞こえてきます。いかにも町屋建築といった内装は、柱や梁と漆喰の壁のコントラストが雰囲気を醸し出しています。ちょっと早い時間(11時半ごろ)に訪れたにもかかわらずカウンターと小上がりにお客さんがもはやしっかりと入っていました。
 職人さんが店主も含め5,6人ほど、料理を拵えたり、刺身を引いたり、寿司を握ったり。きびきびといい動きをしています。カウンターの上のガラスケースには新鮮なネタが並んでいます。ちなみに写真のケースに見える貝は「まんじゅ貝」という貝だそうです。
 
■さて、食べませう!
 この日は祝日なので、ランチはやっていません。平日のランチには1,575円のAランチと、2,100円のBランチをやっており、大変お得になっています。(あさぴーさんのブログにこのランチのエントリがあります。)
 頼んだのは、おまかせコース。さっと覚えている分だけ出たものをご紹介。
宝生寿司4
 握った分だけ順番に出してくれます。「中トロ」「あおりいか」「穴子」「生さば」「がす海老」「もう1個左上」は何か忘れました。(ひらめかな?覚えてません)
 どれもこれも非常に美味しいですが、特に右奥に見える穴子。地物かどうかは知りませんが、ほっこりとアツアツに炊きあがっており、これは感動的でした。うまい!あと、中トロ、東京は築地にわざわざ仕入れに行っているそうで、たしかにこの辺の寿司屋で頂くマグロとはちょっと違いました。何か秘密があるのでしょうか。甘味が強く感じました。がす海老も金沢、北陸ならではのもので、甘海老より旨味が強く、甘味も同等以上のものです。

宝生寿司5
 次に下駄に乗せてくれたのは、左奥から、「喉黒」「鯵」、そして手前「ばい貝」「(真中忘れました)」「じゃ海老」です。喉黒はアカムツという赤魚で、こっちの方では「のどぐろ」と呼ばれています。それとこの鯵は、臭みも無くあっさりとして美味しかったですねぇ〜。甘かった。
 あと最後にこの右下の軍艦に乗った小海老。これが「じゃ海老」というものですが、僕も金沢で初めて食べたのですが、これはものすごく甘いです。糖度が高いというよりかは、それよりも粘り気が舌の上に強く残り、だから余計甘味を感じたのかもしれませんが、醤油をちょっとつけて召し上がって見てください。おまかせなんで、人それぞれ違うにぎりが出てきますが、この「じゃ海老」は出てきたらラッキーかもしれません。

宝生寿司6
 お汁は、「鯛の潮汁」。一匹まるごと煮つけてあるお吸い物です。鯛なんで見た目は華やかで美しいですが、個人的には上品すぎるかな・・・?もっと海らしいパンチがあっても嬉しいかも。でも、そのかわり鯛をついばむ楽しさがあります。

宝生寿司7
 食後には、「醤油アイスクリーム」がついてきます。大野には、ヤマトや直源が作った「醤油ソフトクリーム」なるものがありますが、アイスクリームというものは初めていただきました。この宝生寿司オリジナルでしょうか。醤油に含まれる塩分が、甘さを逆に引きたてて、なおかつキャラメルのような芳しい醤油の風味を楽しむことができます。

■総評
 ちなみに、このおまかせコース、3,150円です。12カン(1.5人前)とお汁、そしてアイスか付きだしのどちらかを選ぶことができるコースです。ちなみにお昼だったので僕はお腹がいっぱいになりましたが、夜ならもう少し追加して食べていきたいところです。量的にはそれぐらい。4,200円でマスターコースというのもありますが、詳しくは「宝生寿司」WEBサイトを見てください。(ページの下の方にリンクがあります。)
 多分、追加して腹いっぱい食べて少々お酒を飲んでも一人6,000〜7,000円ぐらいで済むんじゃないでしょうか。他府県の相場から見ても驚くほど安いようです。

■しかし、地元の人は
 土日祝祭日のお昼から、なかなか3,150円は出せないと思うんで、平日のお昼に訪れるとリーズナブルな気持ちになるでしょうね。あるいは夜ならたいして出費だとは思わないでしょう。ちょっと観光客価格になっている面も否定できません。(マーケティング的にはこれが正解だと思います。夜は逆に安いくらいです。)僕等は地の利を生かして賢く美味しく食を楽しみたいもんです。ただし、ランチはネタ的にも値段なりの可能性もあります。


この記事を気に入った人もそうでない人も
人気blogランキング。
人気ブログランキングバナー
他にもいろんなグルメblogがあるかも


■お店データ

「宝生寿司」

住所  石川県金沢市大野町4丁目72
電話  0120-100323
定休日 毎週水曜日(今日は、祝日のため営業していました。遠くから来られる方は電話で予約された方が間違いがないと思います。)

「宝生寿司」オフィシャルWEBサイト

「宝生寿司」地図
posted by カワイナルキ at 23:49 | Comment(8) | TrackBack(4) | 寿司

この記事へのコメント
宝生寿司きましたね!!
大野町に縁があるので何度か食べる機会(出前ですが・・・)があるんですが、県外から来た人なんかには特に食べに行ってほしい・連れて行きたいお店のひとつですね。
今回鰻は食べておられないようですが、か・な・り美味しいですよ。
でものどぐろの握りは食べたことないので羨ましいです!
Posted by 眼鏡ラーメン at 2005年11月24日 01:52
かわいさん
おはようございます。
宝生寿し(こちらの「寿し」を書きます)は県外の人に人気ですね。
あさぴーは、もう少し江戸前で一仕事してあるほうが好きです。
Posted by あさぴー at 2005年11月24日 08:20
最近、鮨をおごって貰ってないな〜。
確かに、ここは県外から転勤してきた人に人気があるとカパも思います。移転する前のときも、移転してからも、おごってもらったの県外の人だったもん。
Posted by kapako at 2005年11月24日 13:58
最近、よく読ませていただいています。
チャンカレなど、久々に行ってみたくなりました。
宝生ずしですが、今の新しい店になってからは1,2度行った程度です。
前の店(隣にありましたが)の時は、カウンターも狭かったけど、職人さんの気迫が伝わってきたよい店でした。
今は広くて、見かけもよいけどアットホームな感じがなくなりましたね。
オールスター巻き?だったかな、結構食べましたよ。
今のシーズンだと能登の椎茸(特製のものだったそうで)を煮付けたものが最高においしかったです。
今度、久々に行ってみようかな?
Posted by pandaful at 2005年11月24日 17:48
>眼鏡らーめんさん
 鰻のかわりに穴子をいただきました。本当、ここの穴子は食べた事のないくらい美味しい穴子でした。鰻もいってみたいですね。もう少し人生に余裕が出てきたら、好きな物だけ頼んで食べたいです。(笑)
 欲しいです!余裕!

>あさぴーさん
 金沢の魚介は当たり前のように新鮮で、回転寿司でも回らないお店並みのお店がいくつもあるので、一仕事した江戸前の方が逆に感動が大きいかもしれませんね。僕も個人的には、一工夫したお寿司の方が好きです。

>かぱこさん
 良いですね、僕もおごってもらいたいです。(笑)
「宝生寿司」は新鮮な地物が出てくるお店だと思いますので、普段新鮮な地物に触れている地元の人には、馴れみたいのがあって、逆に県外の方に人気が出たのかもしれませんね。

>p a n d a f u lさん
 はじめまして。コメントありがとうございます。お気に入りに登録していただいている人も徐々にではありますが、増えてきたようで非常に嬉しいです。

 pandafulさんのご指摘通り、アットホームな雰囲気というのは今の「宝生寿司」には当てはまらないと思います。その分、金沢らしい雰囲気作りには成功しているのでしょうね。

 椎茸はたしかどこか他のブログで紹介してましたが、ものすごい立派な椎茸の寿司が出てくるそうですね。名物らしいので、好きな人は食べてみると良いと思います。今はちょうど季節ですし。

(ちなみに椎茸だめなんです・・・泣)
Posted by かわい at 2005年11月24日 18:37
かわいさんの記事を見て、宝生寿しへ行ってきました。
ガスエビ、とても美味しかったです。
ありがとうございました!
TBさせていただきます。よろしくお願いいたします。
Posted by Ricette at 2006年04月06日 08:53
最低のお店です。

二度と行きません。
Posted by nanasi at 2010年11月29日 11:13
お客主体でなく店主体で最低。
常連以外はダメな店。
回転鮨ていど。
Posted by kyo at 2012年03月12日 23:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

金沢港に近く、ネタのよさが売りの寿し屋「宝生寿し」
Excerpt: 北陸はご存知の通り海の幸が豊富で、春夏秋冬、色々な旬の味を楽しむことが出来る。
Weblog: あさぴーのおいしい独り言
Tracked: 2005-11-24 08:21

金沢設計/宝生寿し
Excerpt: 1999年度建築デザイン部門でグッドデザイン賞を受賞した「金沢設計/宝生寿し」に
Weblog: グッドデザイン賞主催者公式ウェブログ
Tracked: 2005-11-30 09:30

金沢設計/宝生寿し
Excerpt: 1999年度建築デザイン部門でグッドデザイン賞を受賞した「金沢設計/宝生寿し」に
Weblog: グッドデザイン賞主催者公式ウェブログ
Tracked: 2006-03-25 16:09

<宝生寿し> ~金沢旅行記
Excerpt: 金沢港で捕れたての新鮮な魚がいただける<宝生寿し>。 「やまけんの出張食い倒れ日記」のヤマケンさん 「あさぴーのおいしい独り言」のあさぴーさん 「グルメ通行人カワイ..
Weblog: Ricette the Kitchen
Tracked: 2006-04-06 08:43
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。